ログミーのディレクターをしております、児玉といいます。こんにちは!

実はログミーでは「ログミー」のほかにも、昨年10月に「ログミーファイナンス」という決算説明会などを書き起こすメディアをリリースしています。


9c2a03ae689c97edd23896e3b764d905


入社5か月目のワタクシにとっては、サービスリリース初体験となったのですが、ローンチまでにけっこう失敗が積み重なったんですね...。そのへんを共有させていただき、他の方々の踏み絵になれればと思うので記してみます。

サマリーとしては以下です。

  • 参考にしたこと、役に立ったこと
  • 失敗したこと
  • 気を付けたほうがいいと思ったこと

参考にしたこと・役立ったこと

リリースにあたって、悩んだのが広報的な側面でした。

前職では、わりと大きな会社に勤めていました。そこには広報の担当部署がいて、会議などでリリースが共有されたり、担当者からの質問など相談されたりしていたので、自分の手を動かしてリリースを出したことがなかったのですね。

今回は実際に自分でリリースを出すことになります。いろいろとググりながら悩んでいたところ、ほかの社員から社内Slackでトレタさんのブログを共有されたので、読み漁っていました。
 

どんな人にサービスの認知・理解を深めたいのか、どの目的に対してどう達成していくのかという考えや、具体的にどんなスケジュールを組み立てていけばよいのかなど参考になることが多かったです。 スタートアップに限らず、すべてのサービスリリースに携わる方が読んでおくべき内容かと思います。

役に立ったツールはPR TIMESでした。
 
当初「リリースをどのように伝えるのか」が課題の一つにあり、最初の作戦として、「編集部も含めてこれまでのコネクションを活かしていろんなメディアにあたる」という人力作戦を実施しようと考えてました。
 
正直「GoogleSpreadsheetに皆さんの知っている連絡先に書いてもらおうと思ったけど、手を煩わすし手間がかかるな...」と一瞬立ち止まったときに、「PRツールもあるのでは?」と気づきました。さっそくユーザー登録したところ、「ワンクリックで数十社に配信できる機能」があり、これを活用することになりました。
 
想定ターゲット層にまで届いたのかは、まだ検証の余地はあります。しかし、結果として「ログミーファイナンス」と検索すると自サイトが出るようになったので、SEO的な観点でも良いのではないかと思います。

それでも失敗してしまった!なぜ!

用意周到なつもりでしたが、失敗してしまいました。具体的に起こったことを列記してみます。
 

その1:思い込みの罠にはまる

久々の大きめの開発のディレクションということや、CMSを条件分岐させる程度で複雑な機能開発は無さそうだと思い込んで、構想から公開まで約3週間のスピードリリースを考えていました。
 
技術的な検証・調査不足は否めないものでした。その結果、リリース直前で仕様があいまいな点などが顕在化し、エンジニアさんを悩ませる結果となってしまいました。
 

その2:リリース日の周知をFIXさせていなかった

今回は、本番にあげないと動きが検証できない機能などがあったので、10/27に本番にアップしておいて、本番環境で新機能のテスト・デバッグをし、10/28に本リリースとしてプレスリリースなどを打つつもりでいました。

ただ、上記の開発面でつまづき、公開を2回延期したことによって社内へのリリース日の周知がこまめにできなくなり、上記スケジュールを社内に共有できていませんでした。

その結果、何が起きたかというと、

本リリース前に「URLがまだ確定していない段階で、twitterにリリース用のURLが公開される」という事態が発生したのです!



com_search
 

「え、なぜ...?」と社内で嘆いたところ、目の前に座っている社長が「あ、チャットでIT界隈の人と共有しちゃったからかな」とひと言。
 
見えちゃいけない恥ずかしいところをさらされた気分になり、焦るばかりでしたが、ひと呼吸おいて粛々とデバッグをしていました。(もちろん、つぶやいていただいた方々が悪いわけではありません!)


その3:本リリース前にFBの知り合いの人になんとなく伝わってしまう
 
サイトに埋め込むFBのページのプラグインなどは「公開」しないと表示されないため、本リリース前に公開する必要性がありました。
 
そのため公開にして、社内メンバーにFBページの役割を付与していったところ、(素晴らしいことに)みなさんがFBページにいいね!されていきます。
 
その結果、他の人のタイムライン上にアクティビティが表示され、知り合いの人たちになんとなく伝わるという事態になってしまいました。夕方に来たパートナー企業の営業さんに「ログミーファイナンスオープンしたんですね!」といわれる始末でした。
(「リリースおめでとうございます!」的な言葉もたくさんいただいたので、非常にありがたいことに変わりはありません…!)

事前に情報が出てしまったことで、本リリース時にニュースとしてのバリューは下がってしまったのかと思います。

気を付けた方がいいことは?


・思い込みを信用しない

これまでやってきたキャリアがあると、なんとなくこれならできるんじゃないか、みたいなことは多くなってしまうものです。技術でも広報でも自分の知見なんてまだまだ浅いものと考えて前倒しで相談や共有しながら進めていきましょう。

・リリース情報はこまめにアップデート

リリースの延期などイヤな情報はなかなか社内共有しにくいものです。口頭ならままだしも文章に残すとなると、さらに心理的な負荷はかかります。
 
そこを避けていても何も良いコトは生まれません。きちんと事実を伝えるようにしましょう。







多々失敗はあったものの、企業さまからのお問合せも徐々に増えてきている状況です。課題を解決できるサービスを作っていくのが、一番の宣伝になるのかもしれません。

長くなりましたが、ログミーファイナンスは体制を強化して、メディアでありながらも企業情報のデータベースのような存在になりたいと思っています。
 
今後は体制を強化して、IRの領域をオープンにしたいという仲間を募集しています!という手前味噌な感じで締めくくりたいと思います。





トーク内容を書き起こしてくれる方も、募集中です!