ログミーファイナンス編集長の宮原です。こんにちは!


IMG_20170426_111127



僕は最近、編集者の採用面接を行う機会が多いのですが、応募者の方から「ログミーではどんなスキルが身につきますか?」というご質問をよくいただきます。 

なので今回は、ログミーにおける編集者にとっての成長環境について書きたいと思います(ちなみに僕はログミーの社員第1号で、今年の3月をもってログミー歴が2年になりました)。

※前職ではこんなことをしてました!!


現在やっている仕事


ログミーは、国内外のスタートアップイベントや名スピーチ、記者会見などの全文書き起こし記事によってファンを獲得してきたサービスですが、2016年10月、そこから派生してIR情報の書き起こしに特化した新サービス「ログミーファイナンス」が立ち上がり、僕は代表の川原崎から編集長のポジションを与えられました。 


・決算発表等を書き起こしで読める「ログミーファイナンス」をリリースしました

ログミーでは過去にも「logl(ログル)」や「ログミーgraf」といった関連サービスを立ち上げたり、リアルイベント「ログミーLIVE」の開催、オリジナルインタビュー企画の実施など、さまざまな新しいプロジェクトに挑戦してきました。

これらのプロジェクトにはそれぞれメインの担当者がアサインされるわけですが、基本的にやる気さえあれば誰にでもチャンスがあり、プロジェクトを通して大きく成長することができます。

僕自身も突如「ログミーファイナンス」の編集長を任されて、責任の重さから逃げ出したくなったり、心の余裕のなさから家の壁に穴を開けてしまったりと紆余曲折ありましたが、2016年12月〜2017年2月期の3ヶ月間で、目標の「第3四半期決算実施企業・100社掲載」を無事達成することができました。

これからもIR業界のスタンダードになるべく、引き続きコツコツがんばります。 

過去の仕事と現在の仕事に就いてからの変化


現在のポジションに就く前までは、僕はいち編集者としてコンテンツづくりに携わっていました。

前職で旅行誌のライターをやっていたときは、自分で現地取材をして、見たこと・感じたものを文章で伝えることにやりがいを感じていたし、ログミーに入ってからはIVSやGLOBISなどのイベントを担当して、自分が編集したログが多くの人に読まれることに夢中になっていました。

それが一転、「ログミーファイナンス」の編集長になってからは、編集者・ライターの採用計画から始まり、部下のマネジメント、プロジェクト管理など、直接コンテンツを作る以外の仕事がほとんどを占めるようになったため、編集長というのは退屈で達成感を感じにくいものだと最初の頃は思っていました。

よく社長がスタッフ全員に話している「サービスづくりの視点を持ってほしい」という言葉の意味が理解できたのは、目標の「第3四半期決算実施企業・100社掲載」を達成してからです。

SNSなどから得られるユーザーの反響はもちろんのこと、今まで取材許可が下りなかった日本証券アナリスト協会主催の決算説明会に取材に入れるようになったり、初めてご挨拶する上場企業のIR担当の方が「ログミーファイナンス見てます!!」と言ってくださったりと、わずかながらでも社会への影響力を実感することができて、少しずつサービスづくりの楽しさがわかるようになってきました。

最近では機関投資家・アナリスト向けの投資情報サイト「みんなの説明会」との連携が始まったり、流通ジャーナルさんの取材を受けたりと、「ログミーファイナンス」はますます盛り上がっています!!

・IR書き起こしサイト「ログミーファイナンス」が、1,500名以上の機関投資家・アナリスト等を会員に持つサービス「みんなの説明会」と連携開始


・「流通ジャーナル」にログミーファイナンスが掲載されました


余談ですが…働き方だって変えられます!!


これは私的な話になりますが、僕はログミーに入社してから結婚して、1年前には子供が生まれました。

編プロ時代は「校了前の徹夜は当たり前…土日なんて関係ねぇ!!」という荒んだ生活だったので、転職後もある程度の覚悟をしていたのですが、ログミーでは一部職種で裁量労働制を採用しており、自分で1日の働く時間をコントロールすることができます。


おかげで午前中に1歳の子供と『アンパンマン』を観てから出社できたり、逆に朝早くから仕事をして夕方に帰宅することも可能で「ベンチャーってマジで最高だわ」とひそかに思っています。

ちなみにタスク管理を怠ったり、十分な成果を挙げられていない場合はきっちり詰められますのでご用心ください。


00
結婚式では、代表からありがたいスピーチをいただきました


最後のまとめ


僕が考える「ログミーの成長環境」は以下の3点です。
 

  1. 新しいことにチャレンジできる
  2. サービスづくりの視点が持てる
  3. 自己管理能力が身につく


今回紹介したのは編集者として入社した僕の一例ですが、ログミーでは編集者以外の営業、ディレクターの人たちもそれぞれの成長環境において大活躍しています。


ご興味をお持ちいただいた方は、ぜひ話を聞きに来てください。絶賛採用強化中です!!