04


ログミー代表の川原崎です。
こんにちは!

PVは死んだ、ウェブメディアは儲からない、と言われて久しい昨今ですが、 そんな中でメディアが生き残っていくための手段は「ブランドをつくること」だとログミーでは考えていて、それを目指しています。

以下、ざっとではありますが、その理由と具体的なポイントを書いてみたいと思います。


なぜブランドが必要なのか?

ひとことで言うと、ユーザーや広告主と「直接結びつくため」です。 

インターネットにおけるユーザーとウェブメディア は、ほとんどの場合(visitor数ベースで言うと)プラットフォームを媒介として繋がっています。プラットフォームというのは、ポータルサイトのニュースコーナーや、ニュースキュレーションアプリ、検索エンジンなどですね。

そうすると、ユーザーがいちばん集まっている場所はメディアではなくプラットフォームなので、広告主のお金の流れはそこに集中します。その一部がメディアに流れてきているという構図なので、当然、取り分は少なくなります。

従って、単純に考えると、ウェブメディアがまともに売上をつくるためには、ユーザーがプラットフォームを介さずに直接来てくれて、広告主からも直接お金をいただける状態を作り上げる必要があります。

ブランドがある状態って?
 
上に書いたとおりなのですが、要はユーザーや広告主が「指名」してくれている状態、というのは感覚的にもわかりやすいかと思います。

スマートニュースでログミーの記事を読んでいても、そのユーザーはスマートニュースのユーザーであり、スマートニュースを読んでいるのであって、「ログミーの記事を読んでいる」とはあまり思っていません。

※わかりやすい例として挙げてしまいましたが、スマニューさんはメディア別にチャンネルをつくったり、配信元のロゴを表示させたりと、ユーザーにメディアを覚えてもらうための工夫をいろいろしているので、メディア側への配慮がすばらしいなと個人的に思っています。

私たちのようなメディア業界で働いている人たちは、「○○新聞のあの記事最高だったよね!」という会話をよくしますが、一般的にいうとかなり特殊な部類でしょう。

ユーザーが指名してくれている状態というのは、SNSアカウントのフォロワーが多かったり、サイト名での検索流入が多かったり、特定の条件で必ずサイトを訪問してくれたり(たとえば、話題性の高い記者会見があると、必ずログミーに全文を読みに来る、とか)、である程度わかるかなと思います。

ポイントは、必ずしもPVではない、ということですね。PVがあるからブランドがある、というのはほとんどないと私は思っていて、その逆、ブランドがあるからPVがある、というのは成り立つと思っています。

また、たとえば日経新聞に広告を出しても、「実際に何人がその広告を見て商品の購買に至ったか」はわかりません。それでも出稿したがる広告主がたくさんいて、安くない金額を支払うのは、「日経新聞に載る」だけでその金額を支払う価値の大部分が達成される、と考えている広告主が多くいるからだと思います。

これもブランドがなければ絶対にできないことです。


ブランドをつくる3要素

では、実際にどうすればブランドを創り上げることができるのか? 以下、私の個人的な考えで恐縮ですが、社内で共有している3つのポイントをご紹介します。

それが「純粋想起」「リスペクト」「ムーブメント」です。1つずつ説明します。


1. 純粋想起

「全文といえばログミー」「イベント書き起こしといえばログミー」のように、「○○といえば☓☓」という「代名詞」がついている状態、というのがわかりやすいと思います。もっと平たく言うと「特徴」ですね。

先ほど書いた「指名」と似ているのですが、特定のキーワードで必ず思い出す、サイトに訪問してくれる、広告主にとっての出稿先の選択肢がそのメディアしかなくなる、という状況を生み出す重要な要素だと考えています。

プラットフォームが強いのは、この純粋想起がめちゃくちゃ強いからだと思います。家電を買う→価格コムを見る、飲み屋を探す→食べログを見る、といったように、特定の条件下で必ず行動のトリガーが引かれるからです。

2. リスペクト 

ユーザーから、すごいね、とか、えらいね、とか、ありがとう、と思われている状態です。

すごいね、えらいね、と思ってもらうためには、誰でもできることをやっていたり、世間に対してカッコ悪いことをやっていたりしてはダメです。ユーザーというのは、そのへんを本当に敏感に感じ取ります。

「 誰もやりたくないけれど、社会にとって必要なことをやっている」とか、「やるだけなら誰でもできることだけど、誰よりも上手にやっている」とかがないと、尊敬の感情は芽生えません。

私の前職であるサイゾーがまさにそうだな、と思っていて。宗教団体に絡んでみたり、ジャニーズのゴシップを書いて事務所に睨まれたり、大手企業のスキャンダルを暴いて出稿を止められたり。絶対にやりたくないじゃないですか。訴訟リスクも減収のリスクもあるのに。

それでも、広告主のせいで本当のことを書けないマスコミの代わりに、リスクを承知でそこに斬り込み、「なにが本当に起こっているのか」を世間に届けていくというスタンスは、本当にすごいと思います。

※サイゾーについては最近世間でいろいろ言われたりしていますが、根っこにあるこのメディアポリシーとそれを具現化する能力は、中にいた私から見ても尊敬に値するものです。


3. ムーブメント

ネット内だけではないリアル世界への影響力だったり、新しい概念を生み出したりといったイメージです。

たとえば「動詞化する」というのはわかりやすい例だと思っていて、ログミーが出て来る以前は、全文を書き起こすことを「ログする」という習慣はあまりなかったと思います。

また、IT・スタートアップ界隈では、ログミーに取材されると「ログミーしてもらいました!」と言っていただいたり、「記事を読んだ」ではなく「ログミーを読んだ」「あの会見のログミーまだかな?」と言っていただける機会が増えてきました。

ムーブメントの例としては、まだまだ影響力が小さ過ぎてお恥ずかしい限りですが、「イベントやったらきちんとログを残す」「大事な話はログをとっておく」という習慣をムーブメントまで昇華できれば、コンテンツや情報の在り方が大きく変わるのではないかと思ってがんばっています。

また、よく知られているメディアでいうと、雑誌の「VERY」(光文社)は本当にすごいですよね。 「VERY妻」という言葉を生み出し、これまでの母親像・妻像をひっくり返しました。数字面でも、出版不況と言われている中で大幅黒字。

このように、特定の読者層の間に流行ワードを生み出したり、それによって誰かの生活が変わったり、というのは、メディア、というよりも編集が持つ大きな力だなと思います。


最後に

書いてみると、ウェブじゃないメディアの話も混ざってしまいましたが、ウェブ以外のメディア全般にもある程度応用は効く話じゃないかと思いますので、少しなりとも参考になれば幸いです。

また、ログミーではブランドのあるメディアサービスをいっしょにつくってくれる編集者を募集しています。この話に興味を持ってくれた方、自分の編集力をただ記事をつくるだけではなくて、サービスづくりに活かしたい方、ぜひ遊びにきてください!